Franc & Leon そして福
3代目ブヒと息子2人のいる暮らし。
201803<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201805
おいしい野菜と、迷い。
最近、我が家の楽しみがこちら。
以前にも紹介した『らでぃっしゅぼーや』の野菜パレットです。
暮らし49
11月から野菜宅配してもらっています。
週1回、2~4人家族向けのコースで届く内容はこんな感じ。

白菜(1/2)小松菜、ほうれん草、カボチャ(1/2)、レンコン(2本)、カブ、人参、しいたけ
林檎、ミカン(小1箱)、卵(10個)

2人家族の我が家には盛りだくさんの量。
その週に何が届くのか、大まかなお知らせはあるものの
気候状況や収穫量次第で若干の予定変更もあるので届くまでお楽しみ状態。
1週間かけてこれらの旬の野菜を余すことなく食べつくすのが、楽しくって楽しくって。

有機野菜・低農薬なので、基本的に皮ごとOKとのこと。
さすがにいつもの習慣で皮をむいて調理しちゃってますが、
うちには食いしん坊の2ブヒが居るわけで…
たまにはワンコOK野菜(の皮)を少しおすそわけすることもあります。

暮らし50 暮らし51
暮らし52 暮らし53

届いたものを無駄なく使いきるために、ネットでレシピ探したりヒト手間かかる時もあるんだけどね。
でも旬の野菜って、その季節に応じた体調を整える効能があったりするので
『お試し入会』後も引き続き継続することにしたのです。


で、最近、再開しようかなぁと頭をかすめるのが『手作りワンコ飯』
せっかく旬の低農薬野菜がこれだけ手に入るわけだし、
ワンコの身体にもいいんじゃないかと。晩御飯だけでも手作りしようかな。
まだ行動に移せず、不安と自分への問い掛けが頭の中をグルグル。
①良質のドッグフードを給餌しているのに、栄養バランスを崩す必要があるのか?
②そこまで栄養バランス気にする必要ない?!
③そもそもワンコは肉食で、野菜の消化が苦手
④美味しい野菜が手元にあるだけという理由なら、それは飼主のエゴでは?

昨年のちょうど今頃かな、
毎食手作りワンコ飯を給餌中にフランがアカラス症(毛包虫症)にかかったことで、
フード選びに神経を使うようになった飼主。
決してアカラス症は食事だけが問題ではなく、複合的な要素が有ると聞いているけれど、
今思い返しても心が痛むのよね。
栄養過不足による免疫低下が、さらに油を注いだのだと。

栄養とその作用、ワンコの身体についてあの時は全くの無知で、ワンコ飯本を鵜呑みにしてた。
【手作り食は簡単】ってよく本に書かれているけど、実際に完璧なご飯を作るのは大変。
今思えば【難しい】って書いてたら本は売れないよね。
最低限必要なバランスを知ってしまった今は、中途半端なご飯は作れないな、とも思う。

毎日とはいわなくとも、週1回くらいなら問題ない?
いや、トッピング程度ならOK?
そこまでして手作りワンコ飯を取り入れたいのか? って、自分の声が聞こえる。
やっぱり飼主のエゴかなぁ。ああ、頭グルグルしちゃう~。



ねえ、どう思う?
フラン198
この方は、出されたものは喜んで何でも食べちゃうんだよね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
フランさん、そんなに寒いのか?
手足が収納されてますが・・・。
野菜、結構な量だね。
レシピ研究でまた好評のものがあったら教えて~。

ワンコご飯の問題は、なかなか難しそうだね。
フランもレオンも、食べてる時夢中だもんな~。
あんな風に食べてもらえたら、作りたくもなるよね~。
2008/11/21(金) 00:14:40 | URL | yayoko #-[ 編集]
たくさんあるねぇ
yunちゃん達は1週間で食べきっちゃうのなら
4人家族には少ないのでは???
あ・・・たまごが割れてるぅ~。(><)

ワンコ達にも野菜(の皮)をおすそわけか・・・。
その、【皮】ってところがポイントなのね。
もうっ! yunちゃんったら!

ネコはこたつで丸くなる・・・
あれ? フランちゃんって“ネコ”だったの?
2008/11/21(金) 08:38:03 | URL | つき姉 #-[ 編集]
ワンコ飯、飼い主のエゴというより
yunの2匹を想う気持ちなんだよね。
どっちがいい?って私にはわかんないけど、
その優しさとか愛情とか、すごい素敵。

うちもフラン同様、コタツ虫・・
レオンはどう?やっぱ若いだけあって元気いっぱい
って感じかな~
2008/11/21(金) 11:01:19 | URL | かず #-[ 編集]
難しいところですよね。うちは手作りにしてから
毛づやが劇的に良くなったし、いい体つきにも
なっていましたが…今は休んでます。ブログにも
書いたのですが、一度フードに戻してみて、血液
検査でどんな数値が出るか知りたくて。ガツガツ
手作りごはんを食べてくれる姿を見ると本当に
嬉しいんですけどね。エゴじゃないですよ、愛犬の
喜ぶ顔をみたい飼い主の気持ちのあらわれですよ♪
ラディッシュぼーや、我が家も検討中です。これの
フルーツなしタイプ。美味しそうだなぁ!

ストーブもう使ってるのですね!我が家はまだ暖房
なし生活です。フランちゃんの顔見てたらうちも
そろそろハロゲンくらい出そうかな~って思いました!
2008/11/21(金) 14:44:27 | URL | みゆ #NUPN.0j6[ 編集]
らでぃっしゅぼーや、よさそうですよね!
前回yunさんが紹介してるのを見て、ネットで調べたんですけど、気になってます。
何が届くかお楽しみっていうのも惹かれますよね。
私、いつもメニューを考えてから買い物にいくんですけど、逆ですよね。
何だか楽しそう。

手作り食、私も気になってて、本が2冊ほどあります。
簡単って書いてあるけど、栄養管理にどうにも自信がなくて実践していません…
本当は人と同じレベルのものをあげるのがいいんだろうけど、難しいですよね。
でも、いつかはやってみたいな~と今でもたまに思います。
2008/11/21(金) 15:41:10 | URL | もー #-[ 編集]
yayokoサン★
フレブルは暑さにも寒さにも弱い犬種で、
特にフランは膝かけに潜込むかストーブの前なんだよ(汗)
出来るだけ外に連れ出して、
走って代謝UP(←飼主の?)心がけているんだけどね。

野菜たっぷりメニューで
風邪ひきにくくなればいいんだけどぉ~。
2008/11/21(金) 17:54:14 | URL | yun #Wd6RxRj.[ 編集]
つき姉サン★
積極的に調理して、今までより大幅UP の野菜摂取量です。
最後の方なんか半端モノを味噌汁の具に投入しちゃって、ごった煮状態(笑)
ワンコには皮よ、皮!ヘタなんかも!
いうてもほんの少量だけね★

フランはワンコなのにそう!猫っぽいんですよ~。
表情も、たまに猫さながらな時も♪
ホント居心地のいい場所をよく知っているんだから
感心します。
2008/11/21(金) 18:03:50 | URL | yun #Wd6RxRj.[ 編集]
かずサン★
以前飼ってたワンコの時は、当たり前のようにドッグフードか残飯飯だったのに…(汗)
この愛情、ワンコにちゃんと生かされると良いんだけどね。
飼主の思い込みで間違った方向に進むとこれまたマズイわけで…
程度がなんとも難しい(汗)

コタツ虫良いなぁ~(笑)
気がつけば周囲にティッシュやミカンやゴミ箱まで、
何でも手の届く状況になってるからちょっと怖いよね。
2008/11/21(金) 18:12:57 | URL | yun #Wd6RxRj.[ 編集]
みゆサン★
ちょうどUPした後だったかな、ブログ拝見してたところです(笑)
飼主の愛情の表れと感じてもらえると嬉しいです。
が…、ワンコは愛情で身体の栄養をとっている訳じゃないのがイタイところですね。
一緒に遊んでやる方がずっと『心』の栄養になるという考えも内心あるんです。
昨年のアカラス症以来、
『ワンコに合ったドッグフード+サプリ(体調に応じたトッピング)』を一年近く続けてきて
大きなトラブルもなく快調なので、新しいことを始めるって勇気が要ります。
ホーント、どうなんでしょう。情報も色々交錯していますし。

ラディッシュの野菜、みずみずしくって味は濃いし美味しいですよ♪
健康を想えば決して高くはないかなと思ってまーす。
あとは料理長の腕次第ってところでしょうか。
2008/11/21(金) 18:30:33 | URL | yun #Wd6RxRj.[ 編集]
もーサン★
料理長のレシピが増えること間違いないですよ~。
私も日々、どうやって食べる尽くすか格闘しています(笑)
前回なんて杓子菜(しゃくしな)という、
普段買ったことのない葉っぱ野菜が届いて参りました。
まぁ、今となれば調理方法も判っていいんですけどね。


ワンコ飯本、いろいろ出てますよね。
私も何冊か持っていて読み比べています。
立ち読み粘って、買う程ではないこともありますが(笑)
最近もタイトルに魅かれて『愛犬のために作るほんとの手作り食』長瀬雅之著 
なーんて本を買ったのですが、内容に一部しっくりこないところがこれまたあって…。
自分の納得した情報・知識が果たして正しいのか考え出すと、きりがないんですよね。

散歩中にこの手の情報交換となると、
あっという間に時間が過ぎちゃって2ブヒ達はかなり迷惑そう。
一体、誰のためだと思ってるんだか(笑) 
2008/11/21(金) 18:45:12 | URL | yun #Wd6RxRj.[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.